ILM09_AD24003

「温湿布」と「冷湿布」。一体どちらを使ったらよいのだろう? という疑問を持っておられる方もいらっしゃると思います。詳細は後述しますが、基本的には気持ちが良い、心地が良いと感じるほうで良いでしょう。
温湿布、冷湿布ともに、多くの種類のものが販売されています。血行を良くするビタミンE配合のものも!「温湿布」「冷湿布」は、どのような時に使ったらよ いのでしょうか? 基本的には、首や肩周り、腰などに痛み、張りやコリを感じた時です。「湿布」をペタンと貼ることで、症状が緩和されたように感じること ができます。
実際に貼ってみると、「冷湿布」は、ひんやり冷たく感じ、「温湿布」はポカポカ温かく感じると思います。このひんやり冷たい感覚、ポカポカ温かい感覚が続 いている間は、痛みやコリ感が和らいでいるように感じられます。これは、私達の脳と、痛みやコリを感じ痛い部分をつなぐ神経の性質を上手に使っているた め、症状が緩和されているのです。

 

『痛み』に『湿布』が勝つ?

「腰がなんとなく痛いなぁ」と感じるのは、腰の痛みを発している部分から、脳へ痛みを伝える神経が「痛い! 腰に異常があるよ」という信号を 送るためです。『痛覚』の神経によるものです。その時にこの部分に「湿布」を貼ると、「ひんやり冷たいモノが腰に触れている」「腰がポカポカ気持ちよい」 と感じる『触覚』の神経が脳に心地よさを伝えます。『触覚』は『痛覚』よりも神経線維が太く、『心地よく触られている』という感覚が『腰が痛い』という感 覚よりも速く脳に伝達されるため、痛みを抑制し緩和させることが出来るのです。また、湿布には、消炎・鎮痛剤が含まれているため、湿布をしばらく貼り、外 した後に「痛みが消えた!」ということもあります。

 

湿布は皮膚の温度に変化を出す

温湿布と冷湿布のどちらが気持ちよく感じるか試してみましょう。前述のとおり、「温湿布」と「冷湿布」は、ともに『心地よさ』で『痛み』を感覚的に和らげる効果があることがわかりました。
では、この使い分けはどうしたら良いか? という疑問がわくと思います。ここまでの話からですと、心地よければどちらでもよいということになりますが、「温湿布」と「冷湿布」に使われている成分の違いから、患部の状態により適している湿布を使います。

 

「温湿布」と「冷湿布」の成分の違い

「温湿布」には温かさを感じるトウガラシ成分のカプサイシン。「冷湿布」には、冷たさを感じるメントールが配合されており、皮膚の『感覚』 (心地良さ)に違いを出します。どちらの湿布も、血行を変化させるほどの効果はみられないとされていますが、温湿布のカプサイシンに関しては、皮膚から染 み込んだ部分の毛細血管を拡張させ血流を増やし、貼ってしばらくすると、皮膚の温度を2度くらい上げることがあるともいわれています。

 

ぎっくり腰には、温湿布?

ILM09_AD25004

ぎっくり腰など突然、腰を痛めた場合は、深部に炎症があり、熱をもつとも考えられます。ですから、皮膚だけとはいえ、温度を上げる可能性のあ る温湿布は、避けたほうがよいでしょう。また、ぎっくり腰になって2~3日は、皮膚よりも深いところにある筋肉や組織の炎症に対して冷却が必要です。です から、湿布の使い方としては、アイシングの後に『痛覚』抑制のために「冷湿布」をはり、痛みの感覚を和らげると良いと思われます。
これとは逆に、慢性的な血行不良によるコリには、わずかでも血流量が増える可能性のある「温湿布」が良いと思います。(血流量に影響するかどうかには個人差がありますが・・・)
湿布に含まれる薬剤でインドメタシン・ケトプロフェンなどは痛みのもとになる物質がつくられることを抑え炎症・鎮痛効果が得られます。但し腰痛などの原因を治すものではないので、長期の使用は、効果的ではないと考えてよいでしょう。
「冷湿布」と「温湿布」。このような特徴をふまえて、使い分けていくことが理想です。しかし、肩こりや腰痛をおこすには原因があるはずですので、それをつきとめつつ、ツライときには湿布で心地よい、楽に感じる時間をつくるとよいでしょう。
私は以前勤務先の整形外科医に処方する際にどのように使い分けているか聞いたことがあるのですが、”患者さんが、気持ち良いと感じるほうを処方していることがほとんど”とのことでした。

Copyright © 2015 NPO法人 シニアライフ ゆめ・からだ・しごと 応援協会 All Rights Reserved.

Categories: 未分類

Leave a Reply